NPO法人1

NPO法とは?

NPO法とは、ボランティアなどの世のため、人のために活動をしている民間の非営利団体にNPO法に基づいて法人格を取得してもらうことによって、法人によるメリットを最大限に生かしNPO活動の健全な発展を促進し、もって公益の増進に寄与することを目的としています。

NPO法人のメリット、デメリット

メリットの一部としては、社会的な信用が向上し、法人団体としての契約などが可能であり、寄付や助成金などが受けやすく、活動会員などの人材が確保しやすくなります。デメリットとしては、会計処理や事業報告書等の作成、税務署等への申告など面倒な事務が増え、手間がかかります。

NPO法人設立までの流れ
 
①設立発起人会

  NPO法人設立発起人により、定款、事業計画書、収支予算書など会社の 原案作りをします。

②設立総会

  設立当初の社員総会です。会社の原案、役員などを決議して設立総会議事録として残します

③申請書の作成・申請

  役員就任承諾書、宣誓書など必要な書類を作成し、申請を行ないます。
  形式上不備がなければ受理されます。

④縦覧・審査

  申請書受理後2ヶ月間一般に縦覧されます。
  申請書受理後4ヵ月以内に認証・不認証が決定します。

⑤認証・不認証の決定

  認証されることを祈るだけです。

⑥設立登記申請

  2週間以内に設立登記の申請をしましょう。
  設立登記が済んだら晴れて法人成立です。
  まだまだ提出する書類がたくさんあります。

⑦設立登記完了届出の提出

  登記が済んだら登記完了届出書、財産目録、登記簿謄本などを県に提出します。

⑧その他諸官庁への届出

 県税事務所、市民税課、税務署、労働関係諸官庁等へ必要書類の提出を行ないます。

⑨お疲れ様でした

 設立の手続は大体終わりました。あとはNPO活動の本格始動です。